あなたの世界で息をさせて

UNISON SQUARE GARDENとナポリの男たちについての備忘録

1本、筋を通して生きてゆきたい

 

表題の通りです。

 

自分の中で曲げたくない信念をもって、

ブレずに生きてゆきたい。

時間は流れていくし、きっと流れる時間の中で自分も変わっていくだろう。

でも、変わってきた自分も、自分を変えた出来事も受け止めながら、まっすぐに生きていきたい。

こないだといってることちがーう!とか言われないで生きていきたいな。

ちゃんと、ちゃんと自分の発言に責任をもって、もう少し顔を上げて生きていけるように。

自分のことを、もっともっと大切に、小さな頃の自分に「頑張ってきてくれてありがとう」って、抱きしめてあげられるように。じゃないときっと小さなころのわたしは救われない。

難しい言葉で誤魔化すことなく、誰にでも伝わる言葉で話せるように。

 

■あなたにとって、2018年はどんな年でしたか。

2018年の世相を表す「今年の漢字」に「災」が選ばれ、12日、世界遺産清水寺京都市東山区)で森清範せいはん貫主かんすが揮毫きごうした。

 公益財団法人「日本漢字能力検定協会」(京都市)が毎年公募しており、平成最後の一文字となる「災」は、19万3214票のうち最多の2万858票を集めた。大阪北部地震(6月)や西日本豪雨(7月)、台風21号(9月)、北海道地震(同)など自然災害が相次いだことが主な理由という。2位は「平」、3位は「終」で、平成時代が終わることを意識した人が多かった。森貫主は「来年は災害のない年になるよう祈願した」と話した。

今年の漢字も発表されて、年の瀬だなあと意識し始めて、今年はちゃんとブログで1年を振り返ろうと思って
今年あったことを思い返しているんだけれど、なかなか思い出せない(老化)
ひねり出しながらなんとか書いていこう・・・思い出せるかなあ。


1月
ナポリの男たちのカレンダーが届いた
・年賀状は届かなかった
・仕事はこのときしてなかった
・誕生日だった、1月4日。
UNISON SQUARE GARDENの1月1日の発表の仕方が斬新で「すきいいいいいいいいい~~~~」ってなった
・アルバムは言わずもがな、“最高”でした

とにかくなにもしない、寝正月というのをひっさしぶりに経験。寝て起きてみかん食べて寝て、みたいな。

2月
・記憶にないです
・たぶん毎日家にいたからオリンピック見てたのかな????
・まじでここの記憶はない

とくに社会には貢献してませんでした。

3月
・短期でバイトした(1週間)
・↑嫌過ぎてすぐ辞めた。仕事はやめてもやっぱり生きていけると確信した。
・映画のチケットを発券したにもかかわらず、観にいくのを忘れていた(3回くらい)

花粉症諸症状がではじめて苦しんでいたのがこの月。

4月
・ちゃんと仕事を始めたら実況が追えなくなった、でもこれは仕方ない
・自動車学校に通わなくちゃいけない気がしてきた

鼻水ずるずる、鼻カピカピ。

5月
・自動車学校に申込書提出
・おなか壊して42度くらいの高熱が出て寝込んだ、死ぬかと思った

レバーはよく焼いてから食べましょう。という教訓を心に刻んだ日。でも焼肉はめちゃくちゃおいしかった🍖
自動車学校にも通い始めた月でした。

6月
UNISON SQUARE GARDEN新潟公演いった、ここが天国かなあと思ったし体感5秒のワンマンだった
・髪を染めた
・24時間配信があって、いまだに12時間くらいまでしか見れてないのは内緒ですね~~~~これは内緒ですね~~~~~
・かぼたんのから揚げがたべてえなって思ったし、なんならから揚げになって揚げられてえなって思いました(?)
過去は変えられないし、未来に約束は出来ない。当たり前の正反対にいる現在に感謝して、今日もありがとうございました◎

この文章のあたたかさに救われた月だったかなあ
sumikaの片岡マンの言葉は、とってもあたたかくってポンっと背中を押してくれるような力強さがあってとても好き◎sumikaの音楽にもそれをとても感じて、落ち込むとsumikaの多幸感あふれる曲が聴きたくなる。

7月
sumikaのTシャツを買った(らしい)
・折り畳み傘がきのこになった(らしい)
・チキンオーバーライス
・かぼたん11周年おめでとう!!!!!!!すき!!!!!!!TLが愛であふれていて幸せな1日だったけど鼻血でたよ
・冷マ当たった
・バーベキューをした
・仮免試験、ぎりぎりで受かってた

2ヶ月かかってようやく仮免合格〜!長かった、ここからはさらに長いけど。
そしてかぼたん11周年おめでとう🎂の月でしたね。なんだかんだ仕事も忙しくててんてこ舞い、久しぶりしっかり日に焼けた夏でした。

8月
・いいガウチョに線香花火落とされたよ
・20cm髪を切りました
sumikaの『ファンファーレ/春夏秋冬』リリース

春夏秋冬が、わたしの人生で出会った曲の中で群を抜いて優しくて暖かい曲。

9月
ラブシャに行って音楽を浴びに浴びてきた、ちょ~~~~~~うたのしかった!
sumikaがMステに出た
・茨城に行った。アクアワールド楽しかった!あと夜ご飯がおいしかった~~~~
中秋の名月だからお月見した
・インスタライブ
・台風が接近してる中ぴあフェス、雨の中カオマンガイ

かんっぜんにぴあフェスは頭がおかしかったです。

10月
・かぼたんがオススメ?していたMAPSを買った
・この地球を作った奴で〜〜〜べそ!!!!
UNISON SQUARE GARDEN長野公演、完全に楽しかった
・免許とれた(かなり長かった・・・でも終わった・・・)
・人類みな優しさのバトンリレーをしろ

わりと荒れていた10月。心が穏やかな日は特にありません。そしてようやく免許取得。一発合格おめでとう〜◎

11月
・髪を染めた、かなりいい色になった
・石川に行った、おでんおいしかった
・田淵さんが『UNISON SQUARE GARDENはすごいバンドだ。』と言って、たくさんのことを大好きなロックバンドで試し、挑み、あの3人で永く続いていくといい。
・鎌倉に行った
・そりゃそうだ・・・わたしもかぼたんとおないd・・・いや違う
・花火大会いった
・ファンタビみた

11月はいろんな場所に行っていろんなものを見た、刺激の多い月だった。極寒の花火大会も良い思い出、鼻水ずるずる。
鎌倉も、石川も、それぞれよいところ。

12月
・わんぱくサンド作った


そんな感じの1年でありました。
ツイッターとかみながらだと思い出せるような思い出せないような感じだから
きっと抜け落ちている出来事もあるとはおもうんだけど、
わたしの今年は、新しい出会いももちろんあったけど、それを上回る悲しい別れの多い年でした。

大きな声では言えないし、ここに書くこともきっとないだろうけど、わたしが代わりになりたかった別れもありました。
外の世界を見せて、いろんなものに触れて欲しかった。おいしいものも沢山食べて、いろーーーんな人に出会っていろんな話を聞いて欲しかった。大好きな人にも出会って欲しかったし、ちゃんと嫌いな人にも出会ってわたしみたいな不器用なやり方じゃなく、上手く立ち回れるようになっていって欲しかった。
そんなことよりなにより、申し訳なくってしょうがなかった。上手く言葉にならないけれど。
うーん、そうだなぁ、今でもsumikaの春夏秋冬を聴くと涙がぶわっと溢れてしまいそうになるんだけど

ご飯の味 花の色 加工のない甘い香り
人肌を数字じゃなく触覚に刻んでくれた

今更ね あれこれね

ありがとうも さようならも 此処にいるんだよ
ごめんねも 会いたいよも 育っているんだよ
嬉しいよも 寂しいよも 言葉になったよ
恋しいよも 苦しいよも 愛しくなったよ

まさにこの歌詞だなぁ、と。
ごめんね、も 会いたいよ も、気持ちは育っていくんだけれど伝えることも出来ないし
会うことももう叶わなくて。
今さらほんとうにあれこれ言っても戻れるわけじゃなくって。
そんなことは頭ではわかっているんだけど、やっぱりどうしても考えてしまうなぁ。と。いうこともありました、忘れられない1年だ。


こんなことになるなら・・・って思うことも多くて、後悔と別れの1年、でも決して暗いばっかりの1年ではなかったかなあ。
来年はもっともっと笑顔が多くて、楽しい~~~~!て瞬間が多いと良いなあって思います。
あとは、周りの人たちも楽しいことがたくさんあると良いな。

皆さんにとっての2018年はどんな1年でしたか?
来年も、皆さんにとって実り多い1年になりますように。
それでは。よいお年をお迎えください。

ラブシャ・ぴあフェス総まとめ

今年の夏フェスは、
www.sweetloveshower.com

piamusiccomplex.com

の2本立てでした。

どちらもユニゾンの出演日のみ参加して、
新幹線・高速バスを駆使していってきました。

f:id:eicllO:20181117112018j:plain
ラブシャのタイムテーブルはこんな感じでした。
仲のいい人は知ってるであろう、わたしの好きなバンドが満遍なく散らばっていることに。
バニラズ、ユニゾンフレデリック、ニコ、かなぶん、すみか、サカナクションで締め。

朝から忙しく会場内を動き回っていて、お酒、音楽、ご飯、お酒お酒音楽お酒、と最高に幸せな時間でした。

ああやって音楽が好きな人たちが集まって、各々に音を楽しめて、好きなバンドを少しずつ見れるのはいい。
でもユニゾンのワンマンには適わない。
こうやって少し見てしまうと『ワンマンいきて~~~~~~~!!』と疼きだしてしまう。

ニゾンのセットリストは

君の瞳に恋してない
シャンデリア・ワルツ
ライドオンタイム
パンデミックサドンデス
春が来てぼくら
桜のあと(all quartets lead to the?)
シュガーソングとビターステップ

でした~~~

まさかライドオンタイムが聴けるとは思っていなくて、イントロで『!!!!?』となりました・・・。
ずっとぴょこぴょこしていた・・・楽しい・・・。

パンデミックサドンデスも嬉しかった、かっこよくてだいすきなのでね・・・。

どの曲もすごい楽しくて、大好きな友達と、大好きなUNISON SQUARE GARDENと、お酒とご飯があって、さらには野外で。

楽しい以外の何ものでもないでしょう。最高に楽しい。

もう何ヶ月か経ってるから、あんまり覚えてることないんだけど、楽しかったって事はすごく覚えている。
途中雨もぱらついたけど、寒くなく、暑すぎず、富士山も見ながら楽しく1日過ごせました。

サカナクションで後ろから見てたとき、みんながボックス踏んでたのがなにより楽しそうで思い出に残ってる。

帰りのバスは超ぐっすり寝ました。
そのあとホテルでもかなりぐっすり寝まして、予定してた時間よりかなり遅く起きて待ち合わせに遅れました。


さて、ぴあフェス!!!
台風が近づいていたこともあって、30日は中止。29日は曇り予報だったけど普通に雨。なんなら土砂降り。
UNISON SQUARE GARDENの間はぎりぎり曇りでよかった~~~~~。

春が来てぼくら
流れ星を撃ち落せ
Invisible Sensation
フィクションフリーククライシス
ライドオンタイム
君の瞳に恋してない
シュガーソングとビターステップ
シャンデリア・ワルツ

ぴあフェスのセトリはこんな感じでした。
流れ星を撃ち落せをフェスで聴けると思ってなかった民なので楽しさエベレストもチョモランマも軽々越えていってしまったよね・・・。

そして野外のインビジは鬼のようによかったな、なんだあれは泣いた~~~~。静かに涙を流した。最高だったなあ・・・。

そのあとは雨降りだけど雨宿りできるところがないという本気でやばい会場の中でご飯食べてほかのバンド見に行ったりしてたんだけど寒すぎて記憶がほぼないけど、フレデリックが雨をやませたあとに土砂降りになったこと、クリープは雨の中聴くのがエモいというのを教えてくれたのがぴあフェスでした。

寒かった。夏フェスとはまた違う季節だもんなあ、ぴあフェス、9月末は秋かな。

そんな感じでわたしの夏は今年も終わりました。
なにごともなく、楽しいことばかりで幸せな猛暑でした。

無性に淋しくなって涙が出そうになるとき

漢字の『寂しい』と『淋しい』の違いですが、『寂しい』は『静寂』や『侘(わ)び・寂(さ)び』といった、状況や様子を表す時に使います。
それに対して『淋』は、さんずいが“涙”を表すように、“涙が出る位に気持ちがさびしい時”に使います。

淋しいと思うとき、きっと誰にでもあるんだろうなあって思うんですが、みなさんはどんなときに淋しいって思いますか?

わたしはず~~~~~っと一緒にいた人と何日間か会えないとき。
旅行とかいった後とかは余計に淋しくなります。
楽しかったなあって思うのと同時に、
淋しくなってきて涙が出そうになる、というか出ちゃう。

わたしの涙腺はオタクの推しに対する財布の紐くらい緩いのですぐ涙が出てしまう。

そしてちょうどPMSの時期とかだといつも以上に孤独感。そしてくよくよしてしまう。
いつもはこんなんじゃないのに~~~ああああ~~~~~っていつも言ってから後悔してしまう。

そんなもんなんだ、って受け入れて生きていくには淋しがりすぎるし、
かといって365日24時間ずっと人と一緒にいるのは疲れちゃうし。
かといって、これといった趣味も特にないので打ち込めるものもなく。

いつもユニゾンのライブDVDを見たりしてるけど、それもまた切なくなってしまって。

そういうときってどうしたらいいのかなって、四半世紀以上生きてきてもどうしたらいいのかよくわかんないなあ。

みんなはどうしてるのかなって思って記事にしてみました。
コメントでもリプライでも教えてもらえたら嬉しいです。

家が嫌いである、ということ

『家族なんだから、そのくらい許してあげなよ』
『家族なんだから、なんてことないじゃん』

『家族なんだから、』

この言葉も、家族も、家族が住まう“家”というものも、とにかくすべてが嫌いだ。



家族だからなんだ、血がつながっているからなんだ、と思ってしまう。



きっと、この考え方の根源にあるものは、幼少期の経験なんだろうと思うし、このトラウマを乗り越えられない限りは、きっと『家族』というものが嫌いなままでいるんだと思う。



今はなんとも珍しくない片親の子供として育ってきた。
父親という存在は、母親に暴力を振るって、気に食わないことがあると大声で喚き散らし、アルコールに溺れている人だった。

いないほうがいい存在で、早くいなくなってほしかったから、離婚はすごくうれしいことだった。

保育園の年中さんから母親と兄と暮らしていて、母親は相当苦労してたと思うけど、授業参観や行事は欠席することなく来てくれて、いろんなところに連れて行ってくれて、なんでも好きなことを習わせてくれていた。

そんな生活が終わったのは小学校4年生の夏休み前。
保育園から一緒だった友達と離れ、『父親の元で』暮らさないといけなくなってしまった。
母親は、女の子は母親と一緒にいたほうがいろいろと教えられるから、このまま育てていく。って言ってくれたけど、
母親の主張は叶わず、兄とわたし、2人揃って父親の元へ引き取られることになった。

保育園からの友達と離れるのも寂しいし、母親と離れることはもっともっともっともーーーーーっと寂しくて、父親なんか大嫌いで、ずっと母親といれると思ってたから、その期待を裏切られたような感じがしてよりいっそう切なかった。

父親は父親で『お前らのことは娘とも息子とも思ってない』と初日に言い張り、兄と大喧嘩をしていた(こちらも父親だなんて思ってもないので、なんともなかったけど)

母親は心配して何度も何度も連絡してくれて、それだけがわたしの頼りだった。
知らない土地、知らない人、小学校のクラスメイトは敵意バシバシ。
いじめられたし、泣かされまくった。でも父親も、祖母も、祖父も、みんな見ないフリ。気づいてるのに。
兄と、電話口で異変に気づいた母親だけがわたしの味方だった。

噂によると、母親は何年も前に再婚して、子供もいるらしい。
それでも自分の子だから、って今でも兄にもわたしにも連絡してくれる。

一度、わたしは家から飛び出している。高校卒業した後、東京に逃げるように進学した。
約5年、東京で生活し、やっと新しい友達、環境、そのほかいろんなものに馴染みだしたとき、「いつまでそっちにいる気だ。うちには母親がいないんだからお前が帰ってきて家事をやらないで誰がやるんだ。」といって、むりやり引き戻された。

文句を言っても殴られるだけ、暴言を吐かれるだけ、わたし一人が我慢したらいいだけ、そう思って今まで生きてきた。


それが平和的な解決だと思ってたから。


でも、わたしがなにをしても、とりあえずは文句ばっかり言われ、お金を一応毎月入れても「少ない!!!!」って言われ、
たぶんわたしのやることなすこと、全部気に入らないんだろうなって思う。


家族だから、血が繋がっているから、こんなことが許されるのはおかしいと思う。

家族って、血が繋がっていれば家族なの??っておもうし、
そんなことだけで家族なんだから、って言いたくないし、言われたくもない。
わたしはそんなこと軽く言いたくない。
家族だから許せないこともあるだろうし(わたしはよく分かんないけど。)、
家族だけど家族じゃないから許せない、許したくないこともある。

温かな家庭で育ってきた人が言う「家族なんだからさ、」が、一番きつい。

わたしが生きてきた中で、大切な人ほど手からすり抜けていなくなってしまった。
家族というものが「大切」ではないわたしは、よく世間からも冷たいんだね、って言われるけど
あなたが大切だと思っているものが、どこかの誰かは大切でないように、わたしは家族は大切ではない人間なので、家族は大切である。というあなたの常識は通用しないし、そんなことを押し付けられても正直どうしようもないのである。
そういう人って、きっとほかにも何人もいるんだろうけど、家族だから・・・って言葉にとらわれないでいてほしいなって思う。

戻ってこなくなった人をずっと待ってる

 わたしには戻ってこなくなってしまった人がいる。

戻ってこないというのは振られたとか、別れたとかじゃなくて、もう二度と生きてるうちは会えない人がいる。

でもわたしは、5年経ってもいまだにその人を街中で探してしまう。

頭ではもういないし、会えないっていうことはわかってはいても、ふとした瞬間に

ぱさぱさの金髪マッシュを探しちゃうんだ。

 

 

2年と少し一緒に過ごした。

いろんな所に行って、たくさんの思い出を作ってきた。ディズニーも、フェスも、たくさん一緒に行った。

ケンカもしたことはあるけど、トータルしてみたら2人でゲラゲラ笑ってる時間の方が圧倒的に多い。笑いのつぼが2人とも浅かったっていうのもあるんだろうけど、同じタイミングで笑い出せるのは幸せだった。

でも突然、わたしにも、家族にも、友だちにも、誰にもなにも言わずに人生に幕を下ろしてしまった。

あまりに突然の事過ぎて、当時は現実が受け止められなかったし、多分今でも受け止め切れてはいないんだと思う。

正直いまでも夢に見るし、思い出して泣くことももちろんある。

 

きっとこれから先、ずっと一緒に過ごしていくんだろうと思ってた矢先の出来事で

明日が来ることも怖くて、できるなら連れて行って欲しかったと今でも思うし、隙あらばわたしは同じ場所へ行きたいと願っている。

でもわたしは彼のように自分の人生の最期を自分で決めるだけの勇気はない。

 

幸いな事にわたしの周りには、立ち止まったら手を引っ張ってくれるひと、背中を押してくれる人が多くてなかなか最近はそんな事思う暇なく生きている。

みんな楽しい事やら幸せな事を惜しみなく提供してくれるし、とてつもなく優しい。

 

あなたのように人生に自分で幕を下ろす勇気もないから、きっと寿命がくるまで人生をゆるゆる過ごしてゆくんだろう。

ただわたしは今でも右側にペンだことはさみだこの目立つ、あたたかくて大きな左手を探してしまうなあ。

楽しかった事があったらすぐに伝えたいと思うのはあなただし、おいしいものを食べたら一緒に食べれたらなあって思う。

きっとこの先もこうやって生きていくんだろう。

 

あなたのもとに行くのは何十年後になるかな、きっとおばあちゃんになってるけど気付いてくれるかな。

そしたら何十年分、ものすごい話したいことがたまってるだろうから、わたしが大好きだったあの笑顔で笑って話を聞いてほしいなあ

 

前に進むことって、あなたのことを忘れて、置いてけぼりにして進んでいくことだって思い込んで、あの頃と同じ場所で立ち止まっていたけど、

あなたとの思い出も、想いも、なにもかも自分で抱えて、離さないように落とさないようにして進んで行こうって思えたんだ。泣きたくなるくらいに優しくて、溢れそうなくらいの愛情を注いで、いつもわたしの少し前に立って手を差し伸べてくれる温かい人に出会えたから。

あなたのことを思い出して、切なくて泣くことはもうしないから、たまには懐かしいなあって思い出してもいいかな。

 

いろんな人の中からわたしを見つけて、一緒にいてくれてありがとうね。

生まれてきてよかったって思わせてくれてありがとう、またゆっくり話そうね。

ゆっくりになると思うけど、そこで、わたしの大好きなあの笑顔で笑って待っててね。

何十年か分の話、長くなっちゃうと思うけど聞いてほしいな。

ジャック・オ・蘭たん11周年おめでとう。

ジャック・オ・蘭たん!11周年おめでとうございま~~~す!!!

今年は去年の教訓を活かして早めに記事の準備をしています。ただ日をまたいで書いてるからだんだん書きたいことわかんなくなっちゃった!でもおめでとう、ラブです。あれもラブ、これもラブ。

割と最近の蘭たん関係で好きな動画をぺたりぺたりと貼って誰かが見てくれることを信じ、なおかつ感想を述べることで今年のお祝いとさせてください。
それしかわたしには能がないんじゃ・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と!いうことで、まずはこちらから。わたしの大好きな解放~リベレーション~
www.youtube.com
これははじめて聴いたときから大好きすぎて、歌倉庫に上がる日が楽しみで楽しみでたまらんかったやつ~。
実況動画じゃないしさくっと見れるのでさくっとみてほしい~です。
さだ民生も好きなんだけど(あの話し方がなんともいえない。)でもこっちのラストに一転して現実見始めるところ、小学生のときにサザエさん見て「・・・明日も学校かあ~~~~」って思ってたあの気分が味わえる、ような気がする。歌い方の割に画像のチョイスが可愛いのもポイント高め〜。


そしてトリコ!!
www.nicovideo.jp
最後は切ね~~~~~~~ってなったけど、だんだんとトリコに対する恐怖心がなくなっていくところ、愛着がわいていくところ、なんとも言えない良さがあった。
1話のトリコとの距離感と、最終回の距離感が全然違いすぎて、見直して驚いたけど、こういう感じでゲームに溶け込んでいくところが好きなんです(告白)
そう、蘭たんの好きなところってここ。いつの間にかゲームの登場人物の中に溶け込んでいて、1人のキャラクターみたいになってるところ。友達みたいになってるところ、だいすき。
コメントで人間になったな的なのあったけど蘭たん前から人間やからな!!!!!
じわじわ縮まる距離と、トリコとまさおと蘭たんの信頼感に似たもの、すごく良い。実況も良いけどこれはゲームもめちゃくちゃ良いなあ。1本の映画見てるみたいだった。実況を通してやってみようと思ったゲームランキング1位です(買いました(✌>_< ✌))


♪ 見えない君を探す僕には六畳一間は宇宙の広さ~~~。でお馴染みのUFO!
www.nicovideo.jp
これはわたしは投稿された次の日の朝、出勤前に見てました。(それがどうした)
人の生活チラチラ覗き見できる感じのゲーム性も好きだし、予告もなんとも言えない感じで好き。
毎パート歌って始まるのも「お、始まるね!!」って感じで高鳴ったからぜひやってほしい、これからも、ねえ。冒頭で歌う、とか、移動中に歌うとかそういうのが大好きな春原的には始まり方が神がかってた。そしてゲームも面白そうだったし、やってみたい。買ったんだけど積んである、時間くれ。


ルイージマンション2!!
www.nicovideo.jp
わたしこのシリーズのきtttttったねえメイちゃんの真似してるパートがめちゃくちゃ好きで、そこだけ何回でも見直してた思い出のシリーズ。多分part19だったと思うんだけど・・・。part19、そのパートだけでめちゃくちゃどったんばったんしてて超好き。3DSの充電切れて「博士切らないでいてね!!!」っていいながら充電器探しに行くのもpart19、ですよ。
マッドマックスなマツコ・デラックスだったり、子役に出会ってみたり、驚くほどのせわしないシリーズだったけどそれがまたいい。
夏休み期間にやってる昼ドラ並みのドタバタ感、あたい嫌いじゃないわよ。


www.youtube.com
そして涙塩分マルゲリータ🍕
これは個人というよりはグループだけど、わたしはこの曲がめためたに好き。
なんかよくわかんないけど朝と夜に聞きたくなる。楽しかったな〜!って思いながらお出かけから帰る車の中で聞きたい、けど周りの人たちはナポリの男たちしらないから我慢してるけどめちゃくちゃ聞きたい。
この季節、海からの帰り道とかにいいんじゃないでしょうか(クソ似合わない)


本当は一個一個の実況に感想かけるのがわたしの理想なんだけど、こんなでも一応社会人として社会に溶け込んでるのでなかなかそんな時間も取れず。たまに周年とか誕生日とかそういう時にしかやるぞーって思えなくて切ない。


こんな記事でもお祝いとさせて頂いてよろしいでしょうか、始祖鳥さま。

蘭たんに(春原が個人的に)願うことは、
これからもどうか健康で(奇病にかからないように)、やりたいと思った時にやって、細くてもいいから長く続けていってほしいなあ〜、そして笑顔満点で!!
でも嫌になったら本当にすぐ辞めてもらって構わないです。これはほんとに!!
できるなら、ながーくいて欲しいけれども。

蘭たんの、これから歩んでゆく未来も明るいものでありますように!
いっぱい笑って、いっぱい美味しいもの食べて、幸せたくさん感じられますように!
そしてなにより本当に本当に本当に健康であれ!健やかにあれ!

実況始めてくれてありがとう。ゲームが楽しいものだって改めて気付かせてくれてありがとう。
たくさん笑わせてくれて本当にありがとうね。
返せるものは何もないかもしれないけれど、これからもずっと応援させてください。
どんな実況者よりもあなたのことが1番大好きです。